ヤクルト サヨナラ勝ちで4連勝!

プロ野球、セ・リーグでおこなわれた試合、ヤクルトは今季試合最長時間となる5時間20分の激戦を制し、9-8で横浜DeNAを下し、勝利した。
ヤクルトは、8-8出迎えた延長12回。武内の左越えの二塁打から2死三塁とすると、上田が三塁、痛烈なゴロを打ち、三塁走者の武内がサヨナラのホームを踏んだ。両リーグ、最長試合時間となる5時間20分の熱戦は、ヤクルトが4連勝目という形で幕を閉じた。
この試合で、敗れたDeNAは、ヤクルトを越える17安打を放ったが投手陣が倒れ、6連敗となった。
ヤクルトはこの4連勝もあり依然として首位をキープ。真中新監督の新体制のヤクルトスワローズから目が離せない。