他人のポイントで買い物した中国人の女逮捕

他人のポイントカード情報を不正に入手して買い物したとし、愛知県警サイバー犯罪対策課は6日、中国人留学生の女で東京都台東区竜泉2、私立大2年、姜遠東容疑者を詐欺容疑で再逮捕しました。
犯行に使われたのは「楽天スーパーポイント」で、同様の手口で東京・大阪など5都府県で900万円以上の被害が確認されているといいます。同課は外国人による組織犯罪の可能性があるとみて調べています。
逮捕容疑は、今年5月7日、東京都台東区三ノ輪のサークルKサンクスで、愛知県岩倉市在住の男性の「楽天スーパーポイント」を無断で使用、日焼け止めスプレーなど計7点約4900円分を買ったとしています。容疑者は容疑を認めているとのことです。
姜容疑者は、同様の手口で、コンビニ店で約4900円のポイントを不正に使用したとして、先月15日に電子計算機使用詐欺容疑で逮捕されました。