愛犬に寄り添い、生還

8日未明、京都の35歳の女性が山で遭難した。女性は前日に飼い犬2匹と山に入ったっきり、遭難した。
女性は犬の散歩のため、7日の2時ごろ飼い犬の大型犬2匹と山に入った。しかし、道に迷ってしまい、夫に連絡。
8日未明になっても帰ってこなかったため、夫が110番通報をした。女性は愛犬2匹と一緒に氷点下の山中で一夜を過ごした。
夫から連絡を受けた警察は、8日の午前6時ごろから捜索を開始した。その捜索から1時間半後に自力で下山をしていた女性を発見し、無事に救助された。女性にけがはないという。8日未明の最低気温は、氷点下2.6度。女性は、愛犬に寄り添い、一夜を過ごしたという。