機内にそっくりさん

世の中には自分にそっくりな人間が3人いると言うが、自分そっくりの人間に出会ったらどんな気分なのだろうか?
スコットランド・グラスゴー在住の写真家ニール・トマス・ダグラスさんは10月29日、ロンドン郊外の空港からアイルランド・ゴールウェイ行きのライアンエア便に乗った。するとすでにそこに男性が乗っていた。
「見上げたその顔を見て『自分にそっくりだ』と思った。周りの他の人たちもみんな笑って、一緒にセルフィーを撮って、それで終わりのはずだった」とダグラスさんは話す。
ところがその後2人は、ゴールウェイで同じホテルにチェックイン。さらに「そのあとパブに出かけていったら、また向こうもそこにいたんだ。ものすごく変だ。笑って一緒にビールを1パイント飲んだ」とダグラスさん。
英オンラインメディア「Wire Media」のリー・バティー会長が「右は友だちの旦那さん。左はゆうべ機内で出くわした赤の他人!」と機内のセルフィーをツイートしたことから、話題は一気に広まった。ついには「俺も似てるんだけど」と名乗り出てくるほどの盛り上がりを見せていたようだ。不思議な偶然もあるものだ。