4年後の開催地

ソチでのオリンピックでも閉会式を迎え、閉会しました。次のオリンピックは韓国のピョンチョンという場所だそうです。
ですが、聞いたことないですよね?どんなところなんでしょうか?
2018年冬季五輪開催地の平昌(ピョンチャン)は韓国北東部の江原道にある人口約4万6000人という小さな街だそうで、近年開発されたスキーリゾートがあります。
そして人気ドラマ「冬のソナタ」の舞台にもなりました。
ここまで雪や冬を推していれば、ソチの時のような雪不足は心配いらないかもしれませんね。
韓国での五輪開催は1988年ソウル夏季五輪以来2回目で、アジアの冬季五輪は72年札幌、98年長野に続き3回目ですね。
しかし、平昌五輪のコンセプトにもなっているのが「史上最もコンパクトな大会」だそうです。確かに小さな町ですからね。
そうなると、開催種目とかも気になってきますけどね。
観光地としては出来上がっていても、予算は?治安は?民度は?という疑問ばかりが浮かんでしまいます。
これまで五輪で散々文句を言ってきた日本やロシア、中国に資金の援助なんか頼みだしたらちょっとネットが怖いですよね…。